本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  > 

2017冬アニメ 第8週

【セイレン】
告白を断られたときはまた中途半端な展開を想像したけど
今回はちゃんと恋人になれたようで良かった。

終始、才女を追いかける男の様を描くのはいいとして
ゲーマー設定はあまりいい効果を生んでいなかったように思われる。
4話も使ったのにほとんど印象に残るシーンがなかったな。
10年後もとくに感慨深いものはなく…


【幼女戦記】
6.5話を挟んでもまだスケジュール厳しそう。
あのママの顔面からどうやって美少女が生まれたのか不思議だわ。

フィヨルドの攻防という割に接戦の雰囲気はなく、まだまだ余裕があった感じ。
乱戦状態のときにも宝珠を開放することなかったのに
アンソンに使ったのは障壁を破るのが目的なのか?

サラリーマン時代と同じように内外から恨みを買うような生き様が目立ってきて
そろそろ何かしらの罰がターニャに降りかかりそうな予感。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】

異世界でもやっぱり金がすべて、金さえあれば何でも上手くいくのよね。
鬼畜もポンコツもそりゃあキレイになりますわ。
いや、でも作画は相当キレイだった。

カズマはアクアを邪魔者扱いするけど、アクアいなけりゃ死んだ時点で終了だし
おそらく幹部連中も倒せなかっただろうな。
しかしあの駄女神の実態に触れていたら感謝の気持ちもなくなるわな。

ウィズを交えての温泉回と期待したのに2話構成だなんてひどい。
それに今期も10話で終了だろうし、話にゆとりが持てるのは次回までだろうな。
サキュバス回のようなハッチャけたものを望む
[ 2017/02/26 18:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第7週

【セイレン】
宮前先輩の無自覚な男女平等主義は思春期の男子にとっては毒でしかないわ。
それが高3になった現在も変化がないのであれば、
主人公に対してはまだ恋愛感情を抱いていない可能性も。
先輩が照れるシーンはたくさんあったけど、
改めて見ると必ずしも恋愛絡みでの照れだとは断言できない。

これはもしかして常木さんと同じような友達以上恋人未満の微妙な関係ルートもあり得る?


【幼女戦記】

新カットもなく、見事なまでの総集編。
時系列にまとめたのはわかりやすかった。
改めてみても存在Xの器はちいせぇなあ……と。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】
バニル生存ルートは予想もしていなかった。
これからは魔王幹部チームとしてウィズとセットで活躍するのかな?
というよりも、もっとウィズの出番を多くしてもいいんじゃないかなと個人的な願望アリ。

アクアとエリス、露骨な女神対決を見ればエリスに軍配が上がるのも無理はない。
よくよく考えれば、カズマの仲間だけがイロモノであって、
ウィズやら受け付けのお姉さんだとかまともな感性を持った人が多いのに
なぜか近しい存在ほど変人になっていく不思議。
メイン3人でヒロイン度を比較すると めぐみん>ダクネス>>アクア といった感じか。
アクアはもうオカン的ポジションにあってヒロイン圏外なのはすこし勿体無いかも。
[ 2017/02/19 18:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第6週

【セイレン】
前ヒロインでお役御免となったと思われた常木さんが
ここまでガッツリ絡んで来て、しかも悪役っぽいのはかなり新しい。

バグを利用した勝利でお互いに納得したような感じで終わってるけどそれはおかしい。
稼動期間の長いゲームならもちろん手法は知られているはずだから
いわゆる禁じ手を使ったようなもんでしょ。
それなら周りから人がいなくなるのも不思議ではないな。

今回は主人公がどうにも嫉妬深いというか独占欲強くて嫌だな。
喫茶店での彼氏気取り発言は引くわ…


【幼女戦記】
魔道師にも天敵といえる存在がなくちゃ面白くない。
でもそれがあんな愚鈍な航空機なのは納得いかんな。
超高度から目視で小さな人間狙えるわきゃないが、
魔道師にも手が出せないような天敵がいるのを示すには丁度いいのか。

どうもターニャVS世界(存在X)みたいな構図ができつつありそうで
世界大戦でも話が大きいのにどこまで状況が拡大していくのか。
ここまでターニャの名声が広がると、他国もそろそろ対策を用意するだろう。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】
キールダンジョンの件はあまりにキレイに終わったもんで
肩透かしを喰らっていたけど、こういう形でオチがついていたか。
まさに「無能な働き者」が一番迷惑をかける典型で、
原因がアクアであることを隠蔽したのが後々影響しそうな予感。

魔王軍三人目の幹部・バニルが登場したものの、取り付く相手が悪かったせいで
幹部としての威厳というか強さがまったくわからん。
バニルについても結界維持のためだけに名前を貸してるみたいだし、
魔王ってそんなに慕われてないのかしら。
よく考えれば夢を追う若者?の生活は尊重するいい人なのかもしれないが。
[ 2017/02/12 18:09 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第5週

【セイレン】
クールビューティー系ゲーマ…とっても扱いずらそうな属性を備えたヒロインだな。
強さに固執するあまりに仲間をなくした過去をもつ孤高のゲーマーが
主人公との触れ合いにより~というベタなプロットはまあいいとして、
4話分の尺を有効に使えるかは初っ端から不安を感じる。

死体蹴りとかヘッドショットあるロボット対戦ゲームって…
ネタに走りやすい設定を持ってきてしまったばかりに空回る展開は勘弁願いたいところ。


【幼女戦記】

今週の「こんなはずじゃなかった」
殺す気でしごいたら、何かやる気出しちゃった…
もうあれね、一種の才能ですわ。

史上初の世界大戦となると、やはり国ごとで戦術のレベルに大差がつくな。
そうなると、魔術大隊の新設は情勢にマッチしたすばらしいアイデアだったのね。
これをターニャの功績とするか否かで出世のスピードが随分変わってきそうだ。

首都進攻時は幼女の特性を活かした見事な作戦だった。
やってることは鬼畜だけどルール違反ではないのがミソね。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】
ドMの性格が極まってるせいで振れ幅がないから、他の面子と比べていまいち陰の薄いダクネス。
でも、サキュバス回といい、メインでくると弾けまくりで面白い。
特に中の人のイメージとあまりにかけ離れているから尚更だな。

作画はアレだけど、ダクネスだけで4パターン近くのデザインを用意してるし何気に手が込んでた。
特にいる意味のなかったアクアのメイド姿も見られてお得感満載。
しかしパンツの存在している世界であのノーパン状態へのこだわりを一体なんだろう?
アクアはともかく、ダクネスは性格から常にノーパンなのかもしれない。
[ 2017/02/05 20:44 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第4週

【セイレン】
普通なら友達に戻ることが不可能なくらい酷いことしてるんだけど
常木さん達が独特な価値観を持っているおかげでドロドロ展開は免れたようで…
でもあっさり流されたせいで、ろくなドラマが生まれずに何これ?だった。

その後の展開も?の連続で、
明らかに流されやすい主人公にキスしておいて、付き合うのはお断りと天邪鬼な常木さん。
見れば見るほど彼女がわからなくなっていく。

バッドエンドは免れたものの、決してハッピーとはいえず
何とも歯切れの悪い感触を残したまま次のヒロインへバトンタッチするのであった。


【幼女戦記】

神の仕込みがあったにしても今回に至っては完全にターニャのミス。
ドジッ子属性は幼女にあってもおかしくない要素だけど、これは何か違う。
まあ軍が彼女ほどの人材を後方に置くことは、よほど戦況に余裕がないとありえないでしょ。
それを考えると、大戦と新部隊の提言はものすごい痛手だったな。
ゼートゥーアとの面談中はザクザクと墓穴を掘る音が明確に聞こえてた。

苦し紛れの時間延ばしで足掻く姿はちょっと可愛いと思った。
後はもう最前線で戦果をあげるくらいしか出世→安泰の方法が見つからない。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】

冒険者なのになかなか冒険しない中で、数少ない冒険話だ。
カズマとアクアのおしどり夫婦のような関係は安心するな。
ただ案牌過ぎて、もうこの形から発展する可能性が皆無なのが悩ましい。

アクアがどこに出しても恥ずかしくない女神様をやっているから
リッチーの辺りは絶対にオチがつくと思ったのに、とてもいい話で終わった。
それに無駄に作画よくて、ちょくちょく本当に「これは誰だろう?」状態。
ゲロのエフェクトもパワーアップしてて笑った。
[ 2017/01/29 19:14 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)