本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  > 

2017冬アニメ 第12週

【セイレン】
いまだ逃げの一手でいる今日子を引き止める主人公。
以前のヘタレ具合はどこへ行ったのか、男らしさに溢れているな。
もうハッピーエンドにしかならない(それしか認めない)のがわかっていても
主人公が告白してからの「考えるね」発言とか、不安をあおるような演出が小賢しい。
屋上シーンの十数分間は本当に長く感じた…

高校生なのに学校イベントを使わないのはマイナスでしかない事を
前2名のヒロインで実証していたから、今日子編はなお良かったと思う。
本当にいい最終回でした。


【幼女戦記】

アンソンが国際法おかまいなしなのは、もう後がないのを自覚しているからなのか。
どうやら部隊としても黙認しているみたいで、敗残兵の悲しき末路を垣間見た。

勝利の美酒に酔う暇もなく、世界大戦へのフラグが立ったが
終戦と停戦は大きく違うことをターニャ以外は重要視していないのか。
参謀本部でさえも危機感をもっていないのは、
やはり経験値が足りてないってことなんだろう。
短いバブルでしたな。
[ 2017/03/26 20:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第11週

【セイレン】
今日子は幼馴染として今の関係を壊したくないようで
何かとけん制する素振りはあるのだけど、
それ以上に幼馴染の範疇を越えるようなイベントをかましてくる。
パンツ見せると喜ぶってそういう意味じゃないから、履いてなければただの布だから。

今日子の思惑をちゃんと理解しながらも恋愛対象として意識している
主人公からしてみれば拷問に近い苦しみだろう。

「傷のない男なんて、逃げてばかりいる証よ」
サラッと出てきた宮前先輩の名言から覚醒した主人公。
パンツの穴から導き出した結論はきっとハッピーエンドにつながっているはず。


【幼女戦記】
軍部が財務面での追求を喰らったりする会議シーンはいいね。
戦争も国が行う政治の一環であることがよくわかる。

トントン拍子で作戦が成功し、そして次の成功を生んでいるフィーバー状態。
もう個人の力では戦況を覆すことはできないのに、アンソンには戦う道しか残されていないのか。

このところグランツへの当たりが強いなぁ。
不意打ち喰らったけど、あの状態なら大丈夫だろう。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】
ハンスが何かを持っているのはわかっていたが魔王軍幹部は予想できなかった。
幹部が直接、しかもわざわざ隠密で手を下さないといけないほどにアクシズ教はやばいみたいね。

前期のWエクスプロージョンもそうだけど
ウィズは他に比べて圧倒的に出番が少ない割には本当いい所で魅せてくれる。
氷系が専門なのに爆裂魔法も使えるって、どんな強キャラだよ。
もし3期があったとして、最終回間際にウィズがいるなら強敵がくる証になるな。

今回はシチュエーションの問題なのか、前期ほどラストの盛り上がりが感じられなかったかな。
ところで、ハンスの傍らにいた美女は一体なんだったのだろうか…3期への伏線?
[ 2017/03/20 20:46 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第10週

【セイレン】
イブに男同士でプロレスごっととな?
郁夫があんなに頭を下げるなんて、2人にとっては大事なイベントだったんだな。
でも超くだらねぇ…

なぜかヒロイン時代よりも輝いてる常木さん。
こういう旧キャラの掘り下げって斬新で面白い。
地味に常木さんとタメを張るくらいに登場回数の多い三条さんもいいキャラもってそう。
あれ?前のヒロインは…

今日子って幼馴染の設定を含めてあらゆるところ普通なのに
周囲に変人が多いせいで、ヒロインとしてすごく魅力的になっている。
主人公も端から今日子を意識しているし、近すぎて近寄れない微妙な距離感がいいですねぇ。


【幼女戦記】
一方通行の人間ロケットで敵の渦中へ飛び込めという、確かに常識を越えた新たな戦術。
あらゆる点でターニャ達にしか遂行できないであろう作戦であり
存在Xの仕込みがここにきて如何なく発揮されている。

作戦開始までの緊張感。
いかにも最終決戦って感じの雰囲気がたまらない。
さんざん盛り上げた空気をラストのタイヤネンがすべて持っていった…


【この素晴らしい世界に祝福を!2】
アクシズ教は懐の深いところを見せながらもサラッと差別を混ぜてくるのが怖い。
アクシズ教徒とエリス教徒は仲が悪いと言っているのも、
アクシズ教徒側が一方的にライバル視しているだけなんだろう。
それはエリスに対するアクアの仕打ちを見ればよくわかる。

もう半ば諦めかけていた温泉回…ありがとう。
でも、次回でもう終わりかい。
この土壇場で出てきた新キャラがキーパーソンなのかな?
[ 2017/03/12 20:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第9週

【セイレン】
出だしからレベル高えな…(主人公が)
クリスマスに公園にいるボッチって、つまりあの人だよね?
いつかは登場するかと思っていたけど、あっさりすぎて感動する暇もなかった。

今日子は特にこれと言った特徴のない、まさにテンプレ的幼馴染キャラ。
定番ゆえの安心感というのか、自分が本作に求めていたものは
こういう青春の甘酸っぱさなんだなーと実感させられた。

今現在では今日子が一番好きだな。
何度も見ていたOPも、よく見れば心なしか彼女が優遇されているような…


【幼女戦記】
国際法に則り戦争すれば、人道的な問題もクリアになる。
人として正しいかどうかをまったく考えなければ、これほど効率的なものはないな。
ケーニッヒを諭しておきながら自分を誤魔化しきれなかったヴァイスに同情してしまう。

もはやターニャの心に波風が立つことはなく、存在Xも完全に諦めたのか
同一規格のオッサンで処分しようとする動きが出てきた。
なんだかんだでこの存在Xが一番の悪者なのでは。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】

1期で散々言われていたアクシズ教徒のやばさを目の当たりにすると
連中の異常さが振り切れているのが良くわかった。
勧誘の手口が割と現実にあるもので素直に笑えない部分も…
信仰の対象であるアクア自体は頭が悪いだけでそこまで悪い人間じゃないんだけど
信者たちの熱い信仰心が暴走している結果がコレなんだろう。

温泉回への期待を微塵も感じさせない頭のおかしいエピソードだ。
[ 2017/03/05 20:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017冬アニメ 第8週

【セイレン】
告白を断られたときはまた中途半端な展開を想像したけど
今回はちゃんと恋人になれたようで良かった。

終始、才女を追いかける男の様を描くのはいいとして
ゲーマー設定はあまりいい効果を生んでいなかったように思われる。
4話も使ったのにほとんど印象に残るシーンがなかったな。
10年後もとくに感慨深いものはなく…


【幼女戦記】
6.5話を挟んでもまだスケジュール厳しそう。
あのママの顔面からどうやって美少女が生まれたのか不思議だわ。

フィヨルドの攻防という割に接戦の雰囲気はなく、まだまだ余裕があった感じ。
乱戦状態のときにも宝珠を開放することなかったのに
アンソンに使ったのは障壁を破るのが目的なのか?

サラリーマン時代と同じように内外から恨みを買うような生き様が目立ってきて
そろそろ何かしらの罰がターニャに降りかかりそうな予感。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】

異世界でもやっぱり金がすべて、金さえあれば何でも上手くいくのよね。
鬼畜もポンコツもそりゃあキレイになりますわ。
いや、でも作画は相当キレイだった。

カズマはアクアを邪魔者扱いするけど、アクアいなけりゃ死んだ時点で終了だし
おそらく幹部連中も倒せなかっただろうな。
しかしあの駄女神の実態に触れていたら感謝の気持ちもなくなるわな。

ウィズを交えての温泉回と期待したのに2話構成だなんてひどい。
それに今期も10話で終了だろうし、話にゆとりが持てるのは次回までだろうな。
サキュバス回のようなハッチャけたものを望む
[ 2017/02/26 18:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)