本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記

2017春アニメ 第8週

【サクラクエスト】
映画作りから別に発展することなく今度はご当地グルメへ。
とりあえずやってみようの精神はいいのだけど、
ノウハウない連中が0から始めるのはさすがにやめよう。

しおりファミリーがまったく毒気のない良い家族で
そんな中で育ったしおりがまた良い娘さん。
あの地元愛は家族への愛情が強いからこそ培われたものなんだろう。

ストーリーの都合上、問題が起こるのは仕方なしにしても
協会側の人間がノータッチすぎやしませんか。
商店会に了承を取るのが暗黙の了解なんて知らんがな。


【有頂天家族2】
玉蘭とのことはさておき、矢一郎は長男としても頭首としても
しっかり成長しているんだな。
成長するってことは、いつまでも同じでいられないということでもあり
兄弟がそれぞれの道を歩みだしている中で、一人宙ぶらりんな矢三郎は複雑な気分だろう。
で、海星の登場ですよ。

いままで隠されてきた最大の謎が明かされたとき
心から海星はいい子なんだなと実感した。


【夏目友人帳 陸】
期待のレイコエピソードだったが特に進展なし。
レイコは妖怪相手にはハツラツでとてもいい女の子なんだけど
人間相手にはどんな感じだったのだろう。
貴志と違って親戚をたらい回しになっていた感じではないから
土地から離れられない分、一度悪い印象を与えてしまうとそれを払拭するのは難しい。
でも、特に養父母を恨んでいるような印象はなく、ただありのままを受け入れている
子供らしからぬ姿がただただ悲しい。
[ 2017/05/29 21:26 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017春アニメ 第7週

【サクラクエスト】
こんな作品(主に監督)のために苦労させられる由乃たちを
見ていて、とても悲しい気持ちになった。
しおりが嘘をついていたこと、その理由を知った由乃が監督に……という流れを
想定したいたのに、まさかのビジネスライクに反論するとは思わなかった。
両者の言い分も分かるけど、家を燃やさなかったらそれはそれで問題が大きくなるな。
まあ、すべてはあの監督の気まぐれが悪いのだけど。

おでんも触り程度にしか活躍できなかったけど、
監督にアプローチを受けていたようなシーンもあってちょっとは報われたのかな。


【有頂天家族2】

木曜クラブ(教授)と金曜クラブには不穏な空気が漂っている雰囲気はなく
言い争っている場面でもなんだか和やかで微笑ましかった。
教授に離反したフリをした矢三郎の思惑とは裏腹に、事態がどんどんあさっての方向に。
弁天はすべてを承知の上で矢三郎を金曜クラブに迎えようとしてたし
ただ面白がるだけにしてはちょっとタチが悪いな。

早雲は本当にこれで終わってしまったのだろうか?
ろくな死に方はしないだろうと思ったけど、少し同情してしまう。


【夏目友人帳 陸】

にゃんこ先生と出会った頃なら一期の1話目辺りか。
そのときの貴志はどんな感じだったのか今となっては思い出せないが
ただ、確実にあの二人が貴志の環境を変えていったのは間違いない。

なんだかんだで妖怪絡みの事件で仲が深まったようで、
普通の人間にさえ影響を与えてしまう貴志の力は計り知れない。
いつも周囲に真相を打ち明ければいいのにと思いつつも、
本人からしてみれば周囲に災厄をもたらすリスクの方が重いと考えるのも仕方ないな。
[ 2017/05/22 22:19 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017春アニメ 第6週

【サクラクエスト】
ロケ隊をのサポートするのが由乃たちって構図がおかしい。
本来は町興しの企画立てるの仕事なのに、
これじゃ彼女らただの観光協会の職員となんら変わらないだろ。

監督が登場したときはキナ臭さが全開だったけど、少なくとも詐欺ではなかった。
でも、作品自体が究極的な駄作臭を醸し出しているもんだから
これならまだ詐欺のほうがストーリー的に面白いんじゃないかと思う。
これがおでん探偵の女優再起への足がかりになるしても微妙だ。


【有頂天家族2】
やっぱり陰謀の陰には早雲がいたか。
まったく反省の色もなく、復讐だとのたまう真性の鬼畜だわ。

地獄のビジュアルが定番のそれじゃなくて、
現代人にとってはこちらのほうがしっくりくるかもしれない。
ただただ、寂しく不気味な風景に不安が立ち込めていたところで
いきなり所帯じみた鬼たちが登場して一気に雰囲気が変わった。

まさに女神な弁天様のお陰で現世に戻れたのだけど、
矢三郎が鬼として地獄で立ち回る姿をもう少し楽しみたかった。


【夏目友人帳 陸】

やり方は違えど、三人の式はそれぞれ一途に主人を慕っていたと。
貴志が見た記憶にあるように、タクマと式たちの関係は使役の枠組みを少し外れていたようだ。
その点でいえば、名取よりも貴志の思想に近いのかな。

そして、肝心の名取からは不穏な空気が漂ってきた。
彼が貴志を気遣う心は本物だと思う。
故に、友人帳の存在を知ったときにどう出るかが読めないのが逆に怖いな。
[ 2017/05/15 21:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017春アニメ 第5週

【サクラクエスト】
無意識に国王としての職務を全うしようとする由乃は偉い。
今は若さと勢いしか武器がないのが痛いけど、秘めたポテンシャルは高そうだ。

サンダルさんに描いてもらった抽象画に誰も反対しないところで
「本当に大丈夫か?」と不安がよぎり、現実的なはずの早苗までも賛同する始末。
脚本が暴走したかなと思ったところでラストのどんでん返しにとても驚かされた。

いきなり数百年の計画っていうのがアレだけど、落とし所としてはよろしいかと。


【有頂天家族2】
矢一郎と玉欄は晴れてカップルに。
でも家族が見ている中での告白なんて考えただけで悶絶するわ。

今回は終始、赤玉先生の偉大さが滲み出ていた。
基本尊大で子供みたいなところが目立つのだけど、
決めるところはバシッと決めるのがカッコいい。

弁天が負けたとき、先生が特に動揺もしなかったのは
二代目に勝てないのを知っていたから?
弁天に恥をかかせるようなことはしないと思うが、
弟子に勉強させるチャンスと見越していたなら尊敬する。


【夏目友人帳 陸】
タクマって名取の過去話で出てきた人ね。
おそらく名取の師匠的なポジションだからそれなりに有能な人物だと思う。
だからこそ式の一人がまだ側に寄り添っているんだろう。

もう名取は友人帳の存在については知っているみたいだ。
打ち明けようとする貴志をあえて制止するやり方とか、
どうも優しさよりも何かしらの駆け引きのような部分が見えてくる。
やはり、貴志もいずれは人間と妖怪のどちらに付くのか
選ばなければならない日が来るのだろうか。
[ 2017/05/08 21:26 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2017春アニメ 第4週

【サクラクエスト】
観光協会(主に会長)からの試練が終了してからの本格的な丸投げ状態。
とりあえず何かやってみようと着目したのが木彫りなわけで、
経過を見てみれば、本当に何の確信もなく本当にとりあえずだったね。

木彫り職人との問題を解決していくのか、はたまた別の道を探るのか。
いずれにしても先行きは明るくないな。
もう一点、毒さんがチート級の凄腕で、何でも解決できてしまいそうなのが不安だ。


【有頂天家族2】
怒ってないといいつつ、相手のシャツを踏みにじる。
あの弁天がガッツリ醜態を晒す所を見る日が来るとは思わなかった。

矢三郎を取り巻く狸達とは概ね良好な関係を築いているのに
本当に夷川家だけはダメみたいだな。
前期では父殺しの主犯みたいなものだから思うところもあるんだろう。

お互い大人なのに子供みたいな恋愛しかできない矢一郎と玉欄は微笑ましい。
でも結局踏み込んで行ったのは玉欄なのがちと情けない。


【夏目友人帳 陸】
柴田、またえらく懐かしいキャラが出てきたもんだ。
1回きりの登場だけど、印象深いエピソードだったから記憶に残ってた。
最初はてっきり妖怪絡みの相談で貴志にアプローチしてきたのかと思いきや
本当に友人として心配していたとか、実にナイスガイ。

今回は久々にゾクッとする怖さがあった。
人形だとか感情の読み取れない存在はやはり不気味だ。
しかしこれを作った家主が「二体いる」って家を飛び出したところは笑いどころなのかな?
元々そういう呪術なんでしょうに。
[ 2017/05/01 21:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)