本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  2013年05月
月別アーカイブ  [ 2013年05月 ] 

安牌

【ちはやふる2】
千早、新、詩暢と最強カードが入り乱れるA級戦に加え、
その他の階級戦もあるのに、あと6話くらいで個人戦をやり切れるのか。
千早のコンディションが万全でない以上、おそらく決勝進出は無理だろうから
新×詩暢の対戦が締めになりそうな予感。
いずれにしても目が離せない展開になってきたぞ。


【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】
最初は定番のような水着回をやっていたのに、
後半でしっかり話をまとめてきたな。
留美は皆を助けたので、関係修復でハッピーエンドと思いきや
何故か寂しい終わり方をしてしまった。
話の区切りをモヤっとさせたまま進行させるのがこの作品のスタイルなのかな。


【よんでますよ、アザゼルさん。Z 】
前は版権絡みでヤバかったのに、今回は下ネタの突き抜け方がヤバイ。
最初は部屋に撒き散らかされた汚物の持ち主が巨乳OLの物だったら…
と迂闊にも興奮してしまったが、やっぱりオッサンでした。


【波打際のむろみさん】
今回はツッコミ役である拓郎の出番が控えめだったから
ちと暴走気味だった。
しかし、むろみさんは9桁越えの年月を生きてるのに
今なお捕食対象になってるのはまったく進化していない証拠だな。


【進撃の巨人】
予想よりもハイペースで進んでいるから30分が短く感じられる。
ジャンはアルミンに次いで内面が大きく変化したキャラの1人ではないかな。
今回、仲間の死を目の当たりにすることで苦悩する心情がより良く表現されていたと思う。
さて、肝心の巨人殺しの巨人の正体が判明した所で、
原作のように派閥が生まれてしまうのだろうか。


【デート・ア・ライブ】
琴里たちがほとんど役に立ってない上、
そもそもブッキングを強行した理由がさっぱりわからんな。
(演出的に面白くしたいだけであまり深い理由はなさそうだけど。)
狂三に関しては明らかに人類側にとっての脅威になりそうなのだが
殲滅方向には行かないのかね。


【銀河機攻隊 マジェスティックプリンス】
驚きの丸々1話戦闘尽くし。
かと言って間延びしているわけでもなく、演出もしっかりしてたし大満足。
やっぱりロボットものは一騎当千じゃなくてリスクを背負う方が面白い。


【翠星のガルガンティア】
結局、船団長とレドが顔を合わせることはなかったな。
キャラクターとしては弱いまま逝ってしまったので、
悲壮感はあまり感じられなかったかな。
彼の死により新船団長となったリジットの成長が垣間見えた
エピソードなんだけども、次回からスポットはレド組に……
船団長が無駄死にならなきゃいいんだが。


【はたらく魔王様!】
ちーちゃんの顔芸バリエーションの多さはエミリア超え確定だな。
コメディならではだけど、こういうアニメスタッフの遊び心はとっても好き。
ちーちゃんに負けず劣らず、鈴乃のヒロイン力が意外に高くて萌えるわ。
体調不良の芦屋に脂っこいチキンを食わせる鬼畜ぶり、さすが魔王。


【革命機ヴァルヴレイヴ】
フラグ立てすぎだから、いつかはリタイアするだろうと思った5分後でした。
一番ヒロインしてたメガネちゃんが悲惨なことになってしまい、
これを機に犬塚がパイロットになるのか、メガネちゃんヴァンパイア化でパイロットか……
ハムエルフの予言や200年後の描写など、ちょいちょいネタの仕込みが始まったぞ。
[ 2013/05/27 21:36 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)