本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  スポンサー広告 >  TIGER & BUNNY >  今週の『TIGER & BUNNY』 第8話視聴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今週の『TIGER & BUNNY』 第8話視聴

■あらすじ
罪人に死をもって償わせるルナティックのやり方に一部のシュテルンビルト市民が賛同し始めていた。
ヒーローの信頼失墜につながる事を恐れた各会社代表たちは、信頼回復のためヒーローたちに社会奉仕を行わせることを決定する。

その一環として虎徹はバーナビーの母校である『ヒーローアカデミー』に特別講師として訪れていた。
そこには虎徹とバーナビーのほか『折紙サイクロン』こと『イワン・カレリン』の姿も。

彼も講師として招かれ、そしてアカデミーの卒業生でもあったが久々の母校にもかかわらずイワンの表情は暗い。
それには在校時に彼の親友が起こした事件が関係しているらしいのだが……

■エドワード、早く私を殺しにいらっしゃい
ヒーローになるはずだった男・エドワードとヒーローになってしまった男・イワンの物語。
8話目にしてやっとスポットが当たった折紙さんはとってもネガティブな青年でした。
ヒーローとして最も重要な能力が実戦向きではないことが負い目となり、ますますネガティブに拍車がかかってしまいます。

では彼は何のためにヒーローをやっているのか?
それはかつての親友エドワードへの贖罪の意味もあるのではないかと考えます(完全に逆恨みですが…)

そして長年の呪縛より解き放たれた彼は、もう「見切れ」だけにはとどまらないと少し前向きになりました。
確かにあの能力はヒーローとして実戦向きではないので、今後も大変なのは変わらないですが。

『第8話:There is always a next time.』を読み解くキーワード
ああ、帰りたい シュッシュッ タナトスの声 Let's believe
[ 2011/05/25 23:24 ] TIGER & BUNNY | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。