本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  デッドマン・ワンダーランド >  今週の『デッドマン・ワンダーランド』第7話視聴

今週の『デッドマン・ワンダーランド』第7話視聴

■あらすじ
ハミング・バードに辛くも勝利した丸太は医務室で手当てを受けていた。
その時丸太の胸に激痛が走り、同時にDW周辺で大きな地震が発生する。
それにより丸太の中にあった断片的な記憶がつながり、幼い頃に母親が働いている研究所でシロと共に過ごしていたことを思い出す。

だが、懐かしさに浸る間もなく水名月の敗者残念ショウが開始されようとしていた。
羊は妹である水名月の刑期を買い取るために、看守に奪われたカストポイントを取り戻そうと動き出す。
そして丸太も自分のカストを回収するために自室へと駆け出していた。だが、突如 物陰から現れた謎のデッドマンに襲われ意識を失う。

一方、看守長のマキナは先の地震が自然現象によるものではなく、10年前に起こったレッドホールとの関連性があると推測していた。
そしてDWの秩序と規律を守る者として独自に行動を起こし始める。

■こちとらバージンじゃねえんだよ(でも優しくして…)
敗者残念ショウはあくまで“サンプル採取”が目的のようで、パーツによってはキチンと麻酔が施されているみたいですね。
代替器官も用意しているのかな?(剣ヶ峰の機械音声みたいに)
だけども場合によっては麻酔なしでデッドマンが苦悶にあえぐ様を見世物として提供しているということか……ああ、水名月の毛根が無事でありますように。

DW反体制組織『スカーチェイン』の登場により物語は新たな展開へ。
個人的には丸太とシロの過去についてキチンと説明がなされるのかが気になってます。
(ここまで見せておいて、続きは原作を見てね!はマジ勘弁)

『第7話:原罪(レチッド・エッグ)』を読み解くキーワード
エースマン ガンタガン ネームレスワーム スカーチェイン
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

『デッドマン・ワンダーランド』 第7話 「原罪」 - レチッド・エッグ -
『デッドマン・ワンダーランド』  第7話 - レチッド・エッグ - 「機械付けた変な老人」 vs 「覚醒シロ?(レチッド・エッグと言うべきか?)」 冒頭から戦闘開始! やはり、「赤い男」は「シロ」...
プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)