本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2013夏アニメ 第四週

2013夏アニメ 第四週

【銀河機攻隊 マジェスティックプリンス】
いままで特に語られなかった地球側の勢力関係。
やはり一枚岩とはいかず、
むしろドロドロの覇権争いが繰り広げられていたようで。
今だアッシュしか決定打を持ち合わせいない地球側が本当に不利だな。
今回はそれに加え、アサギの葛藤やらデート話やらでなかなか忙しかった。

次回は地上戦になるのかな。
そうなると背景が大変だけども、ここのスタッフなら問題ないと思われ。


【進撃の巨人】
アニメ版ではジャンの心理描写をかなり細かく描いており
これはなかなかに良い効果を生んでいる。
マルコもかなり神聖化されているがこれはどうだろう?
なんだかんだで巨人駆逐一辺倒のエレンよりも、
迷いながらも自分の道を開いていくジャンの方に共感がもてるんだよね。


【犬とハサミは使いよう】
「どいて!そいつ殺せない!」って何年前のネタだよ。
阿澄佳奈の演じる妹はまともなのが少ない印象。

心が壊れてヤンデレ化はいいとしても、
マンションの上層階へロープ1つで上り詰めるあの身体能力に説明つくのか?
それにしても犬でも愛せる2人の女という構図がツボに入る。


【恋愛ラボ】
容赦の無いツッコミもちゃんとリコのことを考えているからこそなのね。
さすがフォローのプロ。
しかし完全無欠と思われたサヨも純真無垢な天然には勝てないか。
それでも、赤面するサヨにはちっとも萌えない我が心よ。

OPからみなみけを彷彿とさせていた本作だが
今回のランジェリーの歌は完全に保坂のソレだった。


【ダンガンロンパ】
巷で言われているように尺が足りないのか、
日常回から事件発生、推理パートまでが非常に慌ただしい。
このままだと、どこかでまとめて複数人が昇天しそうだ。

今更ながら、死んだ人物がEDに参加していくのね。
そうなると主人公は一体!?


【サーバント×サービス】
もうほとんど仕事していないのはいいとして、
恋愛要素からめるのなら長谷部以外にも恋愛対象になる男キャラが欲しいな。
長谷部に翻弄されるルーシーの構図がなんか嫌。
このまま行くと、遊び人・長谷部が生まれて初めて本気の恋を知る……という展開?
だったら彼を主人公に据えないと視聴者としては感情移入できないのだが。


【幻影ヲ駆ケル太陽】
嫉妬に寝取られのコンボ。ダエモニアに取り込まれるまでの過程がリアルでエグい。
これはさすがに同情できないと思っていたら救いもなく殺されましたね。
「偽善者」「カウンセラー気取り」とさんざん辛辣な言葉を浴びせられた
あかりは何を思うのか?
殺すことしか手段がないのであればセイラの主張がもっともではある。


【きんいろモザイク】
嫉妬渦巻く修羅場回なんてことはなくやっぱりほのぼの。
ただ、綾の気にしかたがガチっぽいのがちょっと引く。

36歳は原作にあわせているだけ?
もしアニメオリジナルなら脚本家は血を見ることになるぞ。


【有頂天家族】
奥座敷を丁重に扱うようにいいつつ、ちゃっかり夷川に与してる弁天。
ただ面白い状況を作りたいのか、矢三郎になにか思うところがあるのか。
赤玉先生がとことん舐められてて可哀想。
でも、ここにきて弁天の悪女キャラが良い味を出してきたな。


【私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!】
これはある意味でサービス回になるのか。
しかしエロの方向が露骨すぎる上、
思考が完全におっさんだからまったく興奮しねえ。
本当に救われない(救えない)もこっち。
ゆうちゃんや弟いなかったら絶望的な状況だな。
[ 2013/07/30 20:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)