本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2013秋アニメ 第4週

2013秋アニメ 第4週

【IS<インフィニット・ストラトス>2】
秘密を暴露する秘密結社や自分の兵装特性を語る会長……
視聴者向けの説明なのはわかるけど手抜き演出もほどほどに。
各国の最先端技術を駆使した軍需機密の宝庫ともいえるIS学園で
学園祭を行い、あっさりと敵に侵入・撤退を許す管理の甘さがすごいわ。
そういえば前期でも謎の無人機に侵撃されてたっけか。


【キルラキル】

前回のクライマックス感から一転の日常回?
それでも相変わらずテンション全開で忙しい。
退学確実としか思えない鬼畜ルートを攻略している
無星生徒がそれなりにいるというか、
流子のクラスメイトほとんど揃っているのはなぜだぜ?


【ゴールデンタイム】

頑なに「運命」にこだわる理由があるにしても
光央が絡む時の香子は心の病気を疑うほどに恐ろしい。
拒絶されたのは今回が初めてではないだろうに、
彼女が反省に至ったポイントがよくわからないな。

ジャンルの垣根を飛び越えてやってきたNANAさんが
必要だったのかは置いておいて、もう告白タイムですか。
そこに新たな火種が投下され、なかなかに慌ただしくなってきた。


【凪のあすから】

案の定、灯は不倫ではなかったのだけど、
昔からの知り合いと恋愛関係になっていて
さらに子供とも面識があるのが質悪い。

美海の母親が海人だったことをサラッとセリフでこなし、
唐突にいじめが云々と語りだす小学生など、
今回は色々とイベントを詰め込みすぎて展開が急ぎ足だったかな。


【アウトブレイク・カンパニー】
言語の習得の他にオタク文化の授業もするのね。
どのような授業するのかと思ったけど想像以上にひどかった。
これを勉強することによって最終的に何が得られるのだろう……
新キャラのアホの子はまた良さそうだ。


【ぎんぎつね】
養母とその子供たちに酷い扱いを受け続けよくグレなかったもんだ。
孤独で潰されそうな心をハルの存在が救っていたところもあるのだろう。
それでも敢えてハルを遠ざける悟の真意は?
ケモナー属性はないはずなのにハルがやたらと可愛く思える。


【のんのんびより】

内容は大したことないのにまた癒やされてしまった。
私服だと完全に幼女にしか見えない小鞠ageが止まる様子はなく、
おそらく今回の話で更に人気が上がっていくんだろうな。

兄貴があれだけ活躍したというのに結局セリフなし。
でも空気に徹しているのになぜか無視できない存在感がまたいいもんだ。


【サムライフラメンコ】
正義を超える真性ヒーロー脳のオッサンが面白い。
このオッサンは表舞台への回帰や100万円が目的にしか見えないが、
なんだかんだで有耶無耶になる辺りはベテランのオーラがなせる技か。
もう一人プロフェッサー的なオッサンが控えているのが楽しみ。

正義と後藤が当然のごとくプライベートを共にしているのが微笑ましいのだけど
後藤の付き合いが良すぎるところを見ると、彼女はすでに他界しているんだろうか。
天国との遠距離恋愛なんて悲しいな。
[ 2013/10/29 22:04 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)