本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2014冬アニメ 第5週

2014冬アニメ 第5週

【バディ・コンプレックス】
一応、最重要機密をもつ艦なのに、
妹の侵入に対して何の驚きもみせない面々が大らか過ぎる。
そんなんだから毎回のように敵に先手を取られてるんじゃなかろうか。
絶望的な状況をカップリングで覆す流れは読めたが、その活用方法は面白かった。
攻守ともにチート級のカップリングシステムはヤバイな。


【スペース☆ダンディ】
ゾンビ回から打って変わってのハートウォーミングストーリー。
まったりじっくりと2人の絆が深まっていく様が本当に癒される。
いままでアホでしかなかったダンディのやっとダンディな面が見られたわ。
いい話で終わったけど、その後の展開を考えるとダンディたちには絶望しか待っていないんだな。


【ディーふらぐ】
船堀!船堀!待望のあのシーンをやっと見ることができた!
色つきで効果音入ってると3倍増しでカワイイ。
高尾に続く、ディーふらぐ2大ヒロインとも言われているらしいし今後の活躍が楽しみだ。
しかし、高尾はいつの間に風間に惚れたんだろう?


【世界征服 謀略のズヴィズダー】
色々と変化球の多い本作において、まったく意外性のないラブコメ展開。
しかしそれがまた良いもので、蓮華のヒロイン力が一気に高まった。
口が動いていたせいで仮面オチではちょっと騙されそうになったけど、
あの顔でメインキャラとして組み込まれるのも面白そう。


【キルラキル】
今まで皐月の父親についてはまったく描写がなかったので
二人は義理の母娘だと思っていた。
皐月が行動を起こすきっかけは父親が関係していそう。
でも、次回予告でしっかり羅暁が健在しているから
皐月の計画はすでにバレている可能性はありそうだな。


【ゴールデンタイム】
リンダの前で過去話をするシーンは二人が進展したという
重要なポイントなんだが、まだリンダと万里が完全に吹っ切れていない
状態ではとても微妙な気分になるな。
そこに光央&千波が加わるともうドロドロの昼ドラ展開しか想像できないわ。


【凪のあすから】
予想以上に早い展開から目が離せない。
OP・EDで散々あおっていたから、まなかは海神の伴侶として
手の届かない存在に昇華したものと思っていた。
ウロコ様の意味深発言「何かが現れるとき何かが失われる」
おそらくポジティブな方面への発言ではないんだろうな。
まなかの記憶が失われていたり、美海が犠牲になったりとか……


【サムライフラメンコ】
フラメンジャーとはなんだったのか……
今回はベタだけどサムメンコ時代の伏線が活きており、
あの頃のワクワク感が戻ってきた。
ハデな展開はないけどジワジワくる面白さがこの作品の魅力だよな。
次回の「最強総理」はバトル回か……悪い予感がする。
[ 2014/02/09 22:34 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)