本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2014春アニメ 第5週

2014春アニメ 第5週

【selector infected WIXOSS】
緑子は一衣を心から心配しているはずなのに
なぜあのタイミングで真相を明かしたのだろうか?
花代は問い詰めれば話をしたから、口外を禁じられている訳では
なかったので明確な理由がなければ緑子はただの畜生になってしまう。
一衣の救済案も潰されてしまい打つ手なし。
晶とのバトルには何の意味もないが、あそこまで煽られて怒らないのは友達じゃない。
ぜひともフルボッコをお願いしたい。
でも、願いのないるう子が負けたときのリスクはどうなるん?


【それでも世界は美しい】

敵の動揺を誘う作戦はさすがにご都合展開だったけど
その後のアリステスの開き直りは悪役として最高。
恩赦を与えることで今後は良き仲間として……はないかな、
社会的には失墜したわけだし。

二人の結婚が物語としてのゴールではなく折り返し地点だったため
今後の流れがまったく読めない。リビも実質デレてるしな。


【キャプテン・アース】
スタドラ関係者が絡んでいて石田声の父親だと、もうアレしか想像できない。
でも今回のところはまだ清廉潔白なキャラクターのようだ。

敵さん、拉致計画のはずが完全に殺しにかかっているのは
あくまで遺伝子が目的だからと思いたいが、本作においては
制作側がすっかりその事を忘れている可能性もあるな。


【僕らはみんな河合荘】

麻弓のストレートなセクハラに動じない宇佐は男として問題があるような…
またはストレートすぎてもはや女を感じないレベルだから反応しないのかも。
麻弓ああいう親父くさいキャラだからこそ いじりやすくて役回りとしては
とてもおいしいポジションをキープしているな。

宇佐が律の読んでいた本を純粋に楽しんでいたみたいで安心した。
あまり好きなタイプの主人公ではないので、ただのポーズとして
興味のない本を読んでいたのなら更に印象悪くなっていただろうし。


【極黒のブリュンヒルデ】
あっけらかんとエロネタを頻発するカズミと冷静な切り替えしをする
良太の二人が夫婦のようで実にうらやましい。
そりゃあ寧子さんの魔法も暴発しますわ。

小鳥が魔法使いと判明して死亡フラグも立っているのに
「まあいいか」と緊張感のない面々。
佳奈の予知は不可避と思って冷静に当日を
迎えたのだろうけど少しは対策をしなさいよと。


【龍ヶ嬢七々々の埋蔵金】

色んな要素をぶっこんでアレよという間に話が収束してしまった印象。
一心が世界征服を決意したいきさつや、それに付き従う2人との関係性など
基本として必要と思われる情報がすっぽり抜けていて
重護たちとも元鞘に戻った雰囲気なのが納得いかない。

重護の隠された生い立ちなんかも興味深いのではあるが
主人公としては存在感が薄いかも。
いい所はすべて天災に持っていかれて残念な感じなので
そろそろ活躍するの場面を見てみたい。
[ 2014/05/05 21:48 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)