本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2014春アニメ 第10週

2014春アニメ 第10週

【selector infected WIXOSS】
遊月の身体を手に入れ、自分の思うままに生きられる事もできたのに
律儀に願いを行使する花代さんは鬼畜だけどいい女だ。

ルリグはセレクターを選べず、勝利してもセレクターと入れ替わるだけ。
しかも真実を告げれば永遠に外には出られないときた。
これはルリグ化したセレクターに何一つメリットがない正真正銘の詐欺システムだな。
タマが子供っぽくて本能的なのは幼少の頃のるう子と入れ替わったせいとも考えられるか。


【それでも世界は美しい】
ニケだけでなくリビ&ニールまでが帰郷についてくるとは思わなかった。
おかげで二度とお目にかかれないと諦めていた姉ちゃん'sの再登場に
テンションあがるし、リビたちとの絡みが最高に面白い。

舞台がガラッと変わり、リビの権力が一切の効力を持たないこの国で
ラブラブハネムーンライフといかないところはお約束。


【キャプテン・アース】

誰しもが「4分逃げ切れば勝ちじゃん?」と突っ込む部分を
ダイチとの因縁を持たせることで回避したつもりだろうが
やっぱり適当なイメージは拭えないな。

テッペイ搭乗の新型機はアースエンジンより強かったので
もうテッペイだけでいんじゃないかな。
合体シークエンスが大掛かりなせいで、2機同時の出撃が
難しいところはどうやってフォローするのだろうか。


【僕らはみんな河合荘】
この前フルボッコにされた霊感少女・林にちゃんと救済が残されていたとは。
ただのクズではなく心根はちゃんとした女の子でモサイ頃のビジュアルも嫌いじゃない。
しかし宇佐との縁があるのに、なぜか律のライバルではなく
メガネにあてがわれてしまったのは勿体無いような気がするな。
林を使って律を直接揺さぶりにかかるような展開があれば盛り上がると思うだけど。
その点、千夏はグッジョブ。


【極黒のブリュンヒルデ】
原作は未読だけど何となく端折られているのはわかる。
奈波のイジェクト後の思いやりがたまらなく良い演出なのに
それを最大限発揮するまでの積み重ねがチョイ足りなかったかな。
でも一応人格だけは残っているので準レギュラーとしての活躍を期待か?

シリアスもつかの間、イベントをドンドン消化してラスボス?登場。
これは2期を想定せずにエルフェンみたくオリジナルENDコースに行きそうな…


【龍ヶ嬢七々々の埋蔵金】
戦場が手段を選ばない鬼畜だと説明する一心が
すでに重護たちを捨て駒に使っているから説得力がないな。
事あるごとに「クソメガネ」と言われどんどん凹んでいく様が
情けなくもあり、可哀想でもある。

まるで思い出したかのように戦場の出番が増えてるけど
仕込みが足りないせいで視聴する身としてはイマイチ乗り切れないんだな。
それと重護が知り合って日の浅いサキのために身を粉にして
働くのもちょっと違う気がする(何か重護に思惑があれば話は別だが)
[ 2014/06/09 22:45 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)