本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2014夏アニメ 第1週

2014夏アニメ 第1週

【キャプテン・アース】
第2クールに突入してからやっとハナに焦点があたってきた。
ハナがダイチに唐突にキスをしたのにはちゃんと意味があったけど
キスをする度に悲しい思いをするのに、それを毎晩のように繰り返すのはなぜ?
おそらくはハナがダイチの父親の死に関わっている事とは思うが
自分を戒める意味も含まれているのかな。


【グラスリップ】

港町に住む幼なじみの男女。
中には一方通行の恋心を秘めている人物がいるけどもそれなりに友達関係を続けていた。
しかし突然やってきた不思議な雰囲気を持つ転校生の登場でその関係が崩れ始める……
PAワークスとの絡みもあり、どうしても“凪のあすから”のイメージが頭から離れない。
1話目としてはかなりまったりしたスタートを切った今作。
オリジナルものとして競合たちを押しのける事ができるか?


【白銀の意思 アルジェヴォルン】
氾濫するロボ枠のひとつとして取り合えず視聴。
最初は無骨なロボットものを髣髴とさせながら
徐々にテンプレとご都合主義が入り混じる奇妙な展開を見せてくる。
この迷走ぶりは……嫌いじゃない。


【アルドノア・ゼロ】
これも一応ロボ枠?になるのかな。
世界観を一話目でしっかりと説明してくれていたので
導入としてはとても良い構成だと思う。
虚淵はストーリー原案として関わっているだけみたいなので
過去の虚淵作品とは一線を画す展開が期待できそう。


【東京喰種】
今期の東京枠。
花澤のテンションがあがるとどうしても貧乏神の
コメディ調が彷彿とされてしまう。
本人としてもめずらしい悪役で演技が難しかったかも。

後半からの狂気の畳み掛けでワクワクが止まらない。
アニメ化すると聞いてネタバレを一切シャットアウトし続けた甲斐があった。
ZETMANやブリュンヒルデ二の舞にならないこと切に願う。


【スペース☆ダンディ】
他では絶対にマネのできないぶっ飛び具合は健在。
一流のスタッフが全力でバカをやるとこうなるという教科書的な作品だな。
鬱ダンディのOPでは涙が出るほど笑ってしまった。
EDの“たち”もニクイ演出。


【月刊少女野崎くん】
野崎くんの秘密を共有する事で二人の絆がジワジワと深まっていく
展開を想像していたが、一話目にしてガッツリと絡んでいた。
チャリンコのシーンは微笑ましい。

佐倉はツッコミ兼ボケをこなしつつヒロインポジションを確保と
かなり忙しい役回りだけど、構成がしっかりしているおかげで
魅力が十分に伝わってきた。
次回からさっそくの新キャラでまたまた濃厚な30分が楽しめそうだ。
[ 2014/07/07 23:34 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)