本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2014夏アニメ 第9週

2014夏アニメ 第9週

【キャプテン・アース】
今回の作戦や遊星歯車装置の総攻撃もそうだけど、
方針が決まってからのインターバルが長いのよ。
そこに足止めをかける方舟派がウザいことこの上ない。
彼らも人類のためとは主張するも、方針とは特に関係なさそうな
インパクターなんかは一体何のために開発してたんでしょうね?


【グラスリップ】
今回の件で幸がとことん嫌いになった。
祐が思いを寄せているのを知りながら散々便利に使った挙句、
まわりくどいかつ、間接的な方法でお断りする鬼畜さがやばい。
意味深なメールでそんなに好きでもない小説を読み込んでいた祐が本当に救われない。
本作で唯一と言っていいほど、まともな精神を持った好青年なのに。


【白銀の意思 アルジェヴォルン】
少尉の不幸はまだ続くか。
ライバル役の少尉に味付けする演出なんだろうが
1話で登場と退場を強行したせいでまったく印象に残らない。
今回に限っては主人公側が悪者みたいな描写が多くて
少尉目線でアルジェヴォルンとの因縁が深まっていく様はよかった。


【アルドノア・ゼロ】
アバンでザーツバルムが正直に告白してしまったため
クルーテオ生存の可能性(必然性)が失われてしまった。
ザーツバルムの主張は理にかなっているが単純に復讐のためだけとは
考えにくいし、恩義だけでスレインを救ったのも信じ難い。
小物顔の策士がこれほど侮れないものとは……。

今回のラストでアルドノアドライブ停止→所有者の死(?)
というシーンがハッキリ描写されていたことから
ますますクルーテオ生存が絶望的になってきた。
それ以前に姫が死んだらどうなるの!?


【東京喰種】
亜門が遭遇した喰種は欲望のままに喰らうヤツラばかりなのだろうか?
雛実のような優しい少女なら情が湧く余地もあったろうに
なんだか捜査官と敵対している喰種に化物みたいなタイプが多くて
そこに違和感があるかな。
次のパートナーになった奇抜な髪型のオッサンも非業の死を遂げるのだろうか。

最終回に向け、畳み掛けるように新キャラが増えて処理し切れんぞ。


【スペース☆ダンディ】

全方向にケンカを売っているといわんばかりのパロディの嵐。
レース回を髣髴とさせる神秘的な終わり方も久々だったな。
EDクレジットには山寺宏一や大友克洋などの大御所が名を連ねており
よくもまあこんなカオスな作品に出る気になったもんだと感心してしまった。


【月刊少女野崎くん】
二人きりなのにナチュラルに「暇だな」とつぶやいたり
ずぶ濡れにさせたりと、野崎くんの中では千代の存在はアシ止まりなのか。
それに関わらず脳内ではしゃぐ千代とのちぐはぐさがまた面白いのだけど。
それにしても「いやだぁ」の破壊力はすさまじい。改めて小澤亜李でよかったと思う。
[ 2014/09/01 21:29 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)