本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2014秋アニメ 第2週

2014秋アニメ 第2週

【白銀の意思 アルジェヴォルン】
予想通りのライバル同型機が来た。
パイロットの練度の違いが明確に実力の差として表れており
トキムネはそれをアルジェとのリンクレベルでカバーする形か。
それにしてはトキムネの弾が敵に一発も命中しないのはおかしい。


【selector spread WIXOSS】
晶が素直にウリスに傾いたのは何か裏があるのかと思ったけど
純粋に愛情を求めていたのは意外。
晶は「願いが絶対に叶わなくなる」ペナルティによって業界から姿を消したのに
復帰できた事実を鑑みると、本当の罰はこれから待っている事になるのか…
「伊緒奈の破滅」の逆方向、つまり伊緒奈を手助けする(させられる)なら辻褄が合うな。
でも一衣のように脱ボッチを果たした例もあるから強制力は如何ほどか?


【魔弾の王と戦姫】
展開としてはありきたりなのに見せ方が上手いのか
まったく退屈せずに楽しめた。
ヒロイン勢の露出多かったり、指揮官が単独行動など
ちょいちょいツッコミ所があるにしても面白いから問題なし。
あと敵が一切同情の余地なくゲスいのもよろしいね。


【天体のメソッド】
さすがに顔と名前までわかっていながら初対面のような振る舞い
に違和感があったけど、一部を除いて幼なじみたちは人間関係が
スッパリと忘れ去られているらしい。
次回予告を見るからに柚季が憎んでいる「あの子」は
どうやらノエルではなさそうだ。


【甘城ブリリアントパーク】
失職だけでなく己の存在もかかっているのに、
何の対策も講じてこなかった甘ブリスタッフに反論の余地はなし。
神託だからと丸投げされる西也が完全に被害者でしょう。

いすずはいわゆる能面ヒロインかと思いきや
いろんな表情を見せる人間だったのか。
それ以上にマスコットの見たくない表情も多かったが。


【寄生獣 セイの格率】

昨今の規制具合の酷さから、この原作ではアニメ化しても
失敗するだろうという懸念が一気に解消された。
原作どおりとはいかないまでも黒ベタや光で不恰好にごまかさずに
しっかりとグロ表現をしたのは素晴らしい。
ミギーの声は時間と共に慣れていけばいいかなというカンジ。
ただ、時間軸をかえる演出は現段階では意味不明。
[ 2014/10/13 20:42 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

春道

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)