本日もしゃにむに。

アニメを中心にまったりと。
本日もしゃにむに。 TOP  >  雑記 >  2017冬アニメ 第9週

2017冬アニメ 第9週

【セイレン】
出だしからレベル高えな…(主人公が)
クリスマスに公園にいるボッチって、つまりあの人だよね?
いつかは登場するかと思っていたけど、あっさりすぎて感動する暇もなかった。

今日子は特にこれと言った特徴のない、まさにテンプレ的幼馴染キャラ。
定番ゆえの安心感というのか、自分が本作に求めていたものは
こういう青春の甘酸っぱさなんだなーと実感させられた。

今現在では今日子が一番好きだな。
何度も見ていたOPも、よく見れば心なしか彼女が優遇されているような…


【幼女戦記】
国際法に則り戦争すれば、人道的な問題もクリアになる。
人として正しいかどうかをまったく考えなければ、これほど効率的なものはないな。
ケーニッヒを諭しておきながら自分を誤魔化しきれなかったヴァイスに同情してしまう。

もはやターニャの心に波風が立つことはなく、存在Xも完全に諦めたのか
同一規格のオッサンで処分しようとする動きが出てきた。
なんだかんだでこの存在Xが一番の悪者なのでは。


【この素晴らしい世界に祝福を!2】

1期で散々言われていたアクシズ教徒のやばさを目の当たりにすると
連中の異常さが振り切れているのが良くわかった。
勧誘の手口が割と現実にあるもので素直に笑えない部分も…
信仰の対象であるアクア自体は頭が悪いだけでそこまで悪い人間じゃないんだけど
信者たちの熱い信仰心が暴走している結果がコレなんだろう。

温泉回への期待を微塵も感じさせない頭のおかしいエピソードだ。
[ 2017/03/05 20:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:春道
欠かせない趣味となったアニメ視聴。
少し語りたくなりました。

愛用レコーダー:SLV- R150 (SONY)